急がれる新型コロナ対策と気候変動対策

コロナと温暖化に苦しむ地球

世界中が新型コロナへの対策で大変な中です。

 

爆発的な感染力で、免疫の弱い人が重症化、そして死に至ってしまう場合もあります。
2020年8月7日現在で、世界の死者は71.5万人を超えています。
さらに、都市封鎖などで世界的な経済の大打撃を受けている現状です。

 

一方で、昔から叫ばれ続けてきた地球温暖化による気候変動も近年影響が顕著となり、世界各地で豪雨や猛暑などの異常気象が頻繁に発生。
気候変動により生態系が大きく崩れ、人類の生活にも深刻な影響をもたらし始めています。

 

 

地球温暖化に伴う気候変動対策との共通点について考えてみました。

 


新型コロナ対策と気候変動対策の共通点

新型コロナ対策と気候変動対策の共通点として、大きく以下の3つにまとめてみました。

 

コロナ対策 気候変動対策
生活習慣の抜本的な見直し

・マスクをつける
・3密を避ける
・ソーシャルディスタンス

・大量消費から省エネへ
・再生可能エネルギーの活用
・ガソリン車から電気自動車へ

武器は科学や技術

・ワクチン開発
・オンライン会議など遠隔技術
・人工知能の活用

・低炭素化技術
・蓄電システムやスマートシティなどエネルギー技術
・人工知能の活用

国際協力が必要

・情報の共有
・ワクチン開発への協力
・医療への協力体制

・情報の共有
・パリ協定への協力
・SDGs推進

持続可能な世界を築くために

人類は平和を願いながら、一方で、私利私欲のために争い続けています。

 

ただ人間が定めた国境という隔たりで、各国でなわばりを作り、
世界の国々は、平和を願いながらも残念ながら常に争いあっています。

 

 

でも、人々が協力するキッカケとなるのは、『共通の脅威』が現れた時です。

 

人類の共通の脅威。

 

それが、『新型コロナウィルス』であり、『地球温暖化による気候変動』ではないでしょうか?

 

つまりは、人類が協力するチャンスが来ているとも言えるわけです。

 

 

 

もちろん、現実はそうとも言えません。
未だに他国を非難し、危機下に利益をむさぼろうとする輩が大多数を占めているのかもしれません。

 

でも、考えてみればそれは、沈んでいく船の中でパンの奪い合いをしているだけなのかもしれません。

 

こんな時だからこそ、持続可能な世界を築くために私たち一人ひとりが未来を想いながらできるところから協力していく時なのではないでしょうか?