ソーラーパネルの設置について

太陽光発電

 

太陽光発電のソーラーパネル設置は近年ますます大きく注目を集めています。

 

 

太陽光発電ソーラーパネル設置には主に以下のようなメリットがあります。

 

 

  • 自家発電による自給自足の電力供給は、化石燃料に依存しないことから地球温暖化対策の一環として非常に有効的
  •  

  • 地震や台風といった災害時の停電のリスクを回避することが可能
  •  

  • 電気代やガス代といった光熱費の大きな節約が可能
  •  

  • 発電した電力を売却することによる収益がある

 

 

自宅の屋根に太陽電池を複数設置するため、ある程度の費用は必要となるのがネックですが、設置費用の相場は一般的な住宅では100~150万円程度と、年々下がっていく傾向にあります。

 

 

これは様々なメーカーが太陽電池の開発を行うことによる競争化が成され、低コストでの生産化や発電量の増加などが見込まれています。

 

また、屋根の広い家であれば、ローンを組むことで

 

月々のローン費用 < 売電による収益

 

となることも可能な場合もあり、条件次第で実質無料で設置も可能ということです。

 

 

そして、市や町などからの助成金を得ることができる地域も多いため、設置費用を抑えることも可能です。

 

設置する業者によっても費用は異なり、仕様する太陽電池の種類やアフターケアの充実の度合いなどが異なります。

 

設置の際は複数の業者から見積もりを取り、設置コストや発電シミュレーション状況の把握、アフターケアなどを考慮して導入するのが良いでしょう。

 

 

 

売電単価が下がっているから、と言っても昔は設置コストがかなり高かったので、今から始めても遅くはないでしょう。
むしろ、売電制度自体がいずれなくなるのでしょうから、売電制度があるうちに設置した方がオトクなんでしょうね。
屋根自体が価値を生み出すのですから、広い屋根をお持ちの方は環境保護&電気代削減のために活用されてみてはいかがでしょうか?


 

 

 

 

自作太陽光発電キット