バイオマス発電とは?知ってみたいバイオマス発電の仕組み

バイオマス発電

バイオマス発電というキーワード、最近耳にしますよね。
気になったので、少し調べてみました。


そもそもバイオマス発電って?

バイオマス

「バイオマス」というのは、動物や植物など有機物を素とする生命資源の総称です。「生物由来の資源」といったニュアンスでしょうか。

 

実際にバイオマス発電で利用されるのは、木片などの植物由来の材料のようです。

 

バイオマス発電の仕組みは、簡単に言うと、間伐材など大量のゴミにしかならないものを燃料として燃やし、タービンを回転させて電力に変えます。

 

バイオマス発電の仕組み

 

ちなみに材料が違うだけで、発電の仕組みは同じということは、既存の火力発電所をバイオマス発電とかに作り替えることができるんじゃないかな、ってふと思ったんですが、、

 

調べてみたら、やっぱり実際にできるみたいです。
関西電力が、既存の石油火力発電所を木質バイオマス発電所に「改造」し始めているんだとか。。
日本経済新聞:三菱商事と関西電力、バイオマス発電事業に着手


バイオマス発電って環境にいいの?

カーボンニュートラル

サトウキビの搾りカスや・間伐材・低品質材などの使用用途のない植物が原料ってことは、それを燃やしたら二酸化炭素が発生するので、結局は地球温暖化の原因になるのではないでしょうか?

 

そこでキーワードとなるのが「カーボンニュートラル」という考え方です。

 

植物は成長するために、光合成で大気中の二酸化炭素を取り込みます。
つまり植物はその成長過程で大気中の二酸化炭素を減らしているのです。

 

だから、その植物を燃やしても空気中の二酸化炭素を増加させていない、と考えられます。

 

これが、「カーボンニュートラル(環境中の炭素量に対しては中立)」とみなされる、というのです。

 

 

はい、おっしゃる意味は分かりますね。
個人的にはなんだかちょっと「帳尻合わせ」のような感じもしますけど。。

 

現在は大気中の二酸化炭素が増えすぎている状態なのだから、どうせなら、せっかく減らした二酸化炭素なんだし、またもとに戻すような発電方式はどうなのかなと思いますが・・。

 

でも地中に眠っている化石燃料を使うよりはマシ、という考え方なのでしょう。

 

もう一方のメリットとして、バイオマス発電の原料は基本的に廃棄物の残りからエネルギーを取り出しているということです。

 

ゴミをエネルギーに変えることができるのですから、やっぱりメリットになりますね。


昔の日本の生活はバイオマスを活用したカーボンニュートラル社会

カーボンニュートラルな昔の日本

考えてみれば、そもそも高度経済成長期以前の昔の日本の生活は、落ち葉や糞尿を肥料として利用していましたし、山で柴刈(しばかり)をして薪を原料に炭を作り、燃料としていました。

 

カーボンニュートラルな生活をしていたわけです。
大気中の二酸化炭素を大きく増加させることはなかったわけで、地球温暖化の原因にはならない生活をしていたわけですね。

 

高度経済成長時代となり、大量のエネルギーが必要になってきてから、石炭や石油など、地中深くに眠っていた太古の植物化石燃料が使用されるようになりました。

 

何億年の昔に当時の植物が取り込んだ二酸化炭素の分まで現代の大気中に大量にぶちまけられることになったため、大気中の二酸化炭素の量の割合がおかしくなってきて、地球温暖化になってきたということですね。


バイオガス発電は別物-バイオマス発電とバイオガス発電の違い

バイオマス発電と似たような言葉で、『バイオガス発電』というのがあります。

 

こちらも同じ生物資源を燃料としたものですが、バイオマス発電は直接有機ごみを燃焼させるのに対して、バイオガス発電は家畜の糞尿や食品廃棄物などガスの出やすいものを原料とし、発酵させてバイオガスを取り出して、そのガスを燃やします。

 

原料が限られることと、発酵させる手間がありますが、バイオマス発電と比較すると、バイオガス発電の方が導入コストが安く、二酸化炭素の排出量も少ないので、より環境にやさしい発電方法なんですね。

 

比較項目 バイオマス発電 バイオガス発電
燃料 生物資源(木片など主に植物) 生物資源(動物の糞尿や食品廃棄物など)
発電方法 有機ゴミを直接燃焼させる 有機ゴミの発酵によって生成したバイオガスを燃焼させる
導入コスト 高い 低い
維持コスト 高い 低い
CO2排出量 多い 少ない

 

この記事のまとめ

 

  • バイオマス発電は、生物由来の資源を原料に使った発電です
  • カーボンニュートラルであり、廃棄物をエネルギーに変えるなどのメリットがあります
  • そもそも高度経済成長で地中深くにあった化石燃料を大量に消費したのが問題!
  • バイオマス発電とバイオガス発電には違いがあります