地球温暖化対策|家庭でできる工夫 [自動車]

電気自動車

前提として地球温暖化には排気ガスなどが関係していると考えられるので、そのために自動車の燃費を抑える方法を考え、地球温暖化対策とし、その上で自分が考える工夫は大きく分けて二つあります。

 

まず一つ目に、車そのものの燃費を抑えるというところで、より燃費を抑え、ガソリンの消費による排気ガスの発生が少ない電気自動車であったり、エコカーに乗り換えるという方法が考えられます。

 

しかし、この方法には同時にデメリットも存在します。
それは、車を買うための出費が掛かるということです。

 

ですので、これから車を購入する方、買い替えを検討されている方はぜひ検討していただければと思います。


最低限のエネルギーで走行 - エコドライブの実践

アイドリングストップ

二つ目は、車を最低限のエネルギーで走行させる『エコドライブ』です。

 

「アイドリングストップ」という単語を聞いたことがある方も多いと思います。

 

アイドリングストップとは信号待ちなどのわずかな一時停止の時間を利用してエンジンを停止させて燃費を抑えるというものです。

 

また、車の重さを軽くして消費エネルギーを抑える方法として、ガソリンを満タンまで入れずに、こまめに入れるという方法もあります。

 

エコドライブであれば、多くの方が実践できるのではないでしょうか?

 

 

わが家はまだ電気自動車を買えてません。。
ガソリン代も高いので、地球のためにも、節約のためにも、まずはエコドライブから。。