気温変化予測|これからの気温はどう変わっていくのか?

「地球温暖化」が叫ばれていますが、これからの日本や世界の気温はどのように変化すると予測されているのでしょうか?
権威ある団体の情報をもとにまとめてみました。

2019年現在までの気象庁による日本の平均気温の推移

日本は北半球の中緯度に位置する国です。

 

この位置はもともと四季の変化のある国なので、季節の気温の差異が大きいのもあり、、残念なことに地球温暖化の影響を受けやすい位置とされています。

 

気象庁には、1898年(明治31年)以降現在まで、都市化による気温への影響が比較的少ない15地点のデータをもとにした平均気温の推移グラフが掲載されています。

 

 

日本の平均気温偏差推移
日本の平均気温偏差推移 気象庁データより

 

グラフは右肩上がりとなっていて、100年あたりでおよそ1.2℃の上昇です。
特に、1990年以降の気温の上昇が顕著となっています。

 

気象庁が毎年発表していて、H30 7月に発表された『気象変動監視レポート2017』(2020年1月時点で最新版)によると、冒頭に以下のような気象庁長官のコメントが掲載されています。

 

・・・
近年の極端な気象・気候現象の増加には、地球温暖化による気候変動の影響があると考えられており、今後も増加していくと予測されています。
こうした状況に対応するため、地球温暖化対策の新たな国際的枠組みである「パリ協定」が 2016 年に発効しました。日本でも、気候変動の影響に対する適応策の充実・強化を図るため「気候変動適応法」が本年 6 月に成立し公布され、国や地方公共団体における気候変動対策に関する取り組みが加速しています。
・・・

気象庁長官 橋田 俊彦

世界の平均気温予測

世界の平均気温予測